So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

日々の成長と評価 [徒然]

プロゲーマー梅原大吾のインタビュー。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00010000-srnijugo-life&p=3


“その「地味な、ちょっとした努力」にすごく価値があると思うんです。
多くの人はある程度のところで成長が止まり、停滞しています。だから毎日変化さえしていれば、まわりが気づいたときには圧倒的な差になっていますよ。”


私が新入社員の頃、「若い頃努力していれば年月が経った時に、レバレッジが効いて大きな差になっている」と聞いて、感銘を受けたことがあります。
それと同じことを梅原大吾は言っているんだなと理解しました。

それでも最近悩ましいのは、評価と実績や実力が完全にリンクしないことです。
いわゆる上司の覚えの良い人や、女性活躍推進によって女性がフューチャーされたり、評価を受ける側とのギャップを感じることがあります。

サラリーマン的な評価とは無縁のプロゲーマー梅原大吾は、評価についてもこのように語ります。


“評価されるかどうかなんて、時勢やら見る人に影響されるもの。もはや運です。
ただし成長しつづけていれば、やりたいことを続けることができる。仕事でも勝負の世界でも、長く続けようと思うなら、目指すものは自分自身の成長であるべき。それしかないんです。”


確かに、評価は自分ではコントロールできない人の思惑や、流行や時流などの大きな流れに左右されてしまいます。
それに一喜一憂していたのでは本当のプロフェッショナルになることはできない。

ぶれることなく、自分自身の成長にのみ注力し、評価は後でついてくると割り切る。
その姿勢で自分を磨き続けるしかないのです。


nice!(2) 
共通テーマ:資格・学び

聲の形 [徒然]

NHKで放映されていた「聲の形」を見ました。


映画『聲の形』Blu-ray 通常版

映画『聲の形』Blu-ray 通常版

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray




「みんな、もっとうまくやれよなー」と思うのですが、それこそ「大人が分かった風に口出すんじゃねーよ」と言われそうです。
確かに人生経験もそれほど豊富でなく、あの教室の濃密な空間の中で、人間関係に悩み苦しむといった経験は多かれ少なかれほぼ全ての人が経験をしてきたことでしょう。

振り返れば、それが「青春」と言うことになるのでしょうが、本人たちにはそんな余裕があるはずもありません。
それにしても、学生時代のあの同調圧力は一体なんなのでしょうか。

友達と一緒でなきゃいけない。周りと合わせないといけない。異質なものは排除する。多様性を受け入れない。

社会人になると、そんな同調圧力から一切解放され、あの学生時代の息苦しさは何だったのかと思うようになります。

私は学生時代、いじめたりいじめられたりと言う事はなかったのですが、クラス替えの際うまく馴染めずに「ボッチ」になったことはあります。
そんな際、この聲の形の主人公のように、周りがどう思っているか、自分に対して何を言っているのか、ということがすごい気に掛かります。

そんな時、同じボッチの仲間につい目で追ってしまうのですが、周りのことを一切気にすることなく、凛とした態度をとっている人がとても羨ましく思いました。
そんな人は大抵、学校以外に夢中になれる何かを持っている人が多いように思います。

自分の子供が学校でいじめられたりしたらどうしよう、友達ができなかったらどうしようと心配することもありますが、親がしてあげられる事は学校以外に夢中になれる何かを、1人でもぶれない強さを、世界が広いんだとよ事実を教えてあげられることぐらいかなぁと思っています。

nice!(3) 
共通テーマ:資格・学び

新座 ぜんや [食]

埼玉県新座市に住んでいて行ったことがないとモグリと思われてしまう、有名ラーメン店「新座ゼンヤ」。
スーパーでもぜんやとコラボした商品が常に売られています。

ただその店の前を何度も車で通っていたにもかかわらず、その存在に全く気づかない地味な店構え。
目立った看板もなく、クリニックか何かのように見えます。

786EA7E4-EA0A-43CE-A4E4-0EF5DB36A910.jpeg


子供たちが帰省している間に、と思い、ようやくお店を見つけて訪れることができました。
土曜日の開店直後に行ったにもかかわらず、10人以上の行列が!!

30分ほど待って、ようやく入ることができました。
数分待って出てきたラーメンは、とても具材がシンプルな塩ラーメンでした。

5032DE7D-20EC-43DB-A21F-89D72DF1185A.jpeg


スープを飲んでみると、ちょっとおいしい塩スープと言う感じでしたが、その後に醤油と昆布の香りが漂ってきて、後味に滋味に満ちたおいしい貝のエキスを感じることができます。
このスープのコクと味の奥深さ、そして滋味に満ちた後味、これらが人々を惹きつけるクセになる味になっているんだろうなと思いました。

麺は卵の黄色味がかったちぢれ麺で、スープとほどよく合います。
確かに美味しく、あとを引く味なのですが、並んでまでまた食べるかと言うと並ぶのが嫌いな私には考えものです。

個人的には先週食べたくじら食堂の方が、好きだなぁと思う一方、またこの慈愛に満ちた塩スープを食べたくなる、そんな身も心も疲れた時が来るかもしれないな、と思う次第なのでした。


共通テーマ:資格・学び

くじら食堂 [食]

東小金井駅前にあるくじら食堂。
散髪屋で読んだ、ラーメンウォーカーで殿堂入りしていたラーメン屋。

子供たちが夏休みで実家に残っている間に、食べに行こうと車で向かいました。
駐車場はないようなので、近くのパーキングに車を停めて歩いて向かうと、ありました。

CD9E887D-3843-4BFF-AFC2-CC6AF1E1B09A.jpeg

開店直後に行ったからか、予想に反してすんなり入れました。
店に着いて残念に思ったのは、私が好きではない醤油ラーメンだったからです。

でも、しばらくして出てきたラーメンは、 一般的な醤油ラーメンのように味が濃かったり、味がシンプルすぎて食べてる途中に飽きてきたり、と言う事はなく、煮干しがふんだんに使われクセがなく飲みやすい滋味に満ちた味でした。
麺も太麺ちぢれ麺で、醤油スープが絡まりすぎることなく、おいしく頂くことができました。

特製ラーメンを頼んだため、950円もしましたが、トッピングはネギも味玉もメンマも、そして炙りチャーシューもどれも美味しく、さすがに殿堂入りすることだけあります。
夏休み明けの仕事始めで、体が疲れていたのですが、お店を出る時は滋味に満ちたスープのおかげで、体が軽くなったように感じました。

3BB41E05-9362-4297-B2DB-88FB39FB3A8C.jpeg

東小金井駅前と言えば、スタジオジブリがあるなと店に来る途中に思っていたのですが、店主とお客さんとの会話で最近宮崎駿さんがお店を訪れたとの事でした。
店主曰く「5年して、ようやく」と、笑いながら言っていました。

3DD72182-50FD-4481-B344-7CA2CAC267E1.jpeg

共通テーマ:資格・学び

ウツクシイ時代 [本]

僕が大学生の頃、椎名誠さんの本を読み漁っていました。
怪しい仲間達と日本全国世界各地を飛び回ってる姿を、ウケケケと言いながら、読んでいたもんです。

そんな中読んだ、椎名おとうと、息子の岳君の温かくもウツクシイ時代を描いた「岳物語」「続岳物語」が読み返したくて、この夏休みにブックオフで買いました。


岳物語 (集英社文庫)

岳物語 (集英社文庫)

  • 作者: 椎名 誠
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1989/09/20
  • メディア: 文庫




岳物語 (続) (集英社文庫)

岳物語 (続) (集英社文庫)

  • 作者: 椎名 誠
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1989/11/01
  • メディア: 文庫



オトウと息子のウツクシイ時代は大学生の頃読んだ記憶より短くて、あっと言う間に少年は自立の時を迎えて、オトウを見放していくのです。

私の息子リクとミナトの2人揃った黄金期は、リクが小学校高学年になるくらいまでの後3年ぐらいかなーとなんとなく思っているのですが、この本で予習する限り、それは大きく外れていないかもしれません。

岳物語で、一番濃密で温かい時間を過ごしているのは、親子で三宅島や伊豆に釣りに出かけた時です。
その記憶が残っていたこともあり、リクとは今度沼津の方に釣り合宿で民宿に泊まれたらいいなと夢想する日々です。

BD2AACD9-024A-4346-AF7C-7F239472AAF5.jpeg



共通テーマ:資格・学び
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。