So-net無料ブログ作成

コートジボワール戦の本田のポジショニングについて [徒然]

コートジボワール戦後のヤフーニュースを見ていると、貴重な先制点を挙げた本田は評価が高く、輝きを見せることなく終わった香川が戦犯扱いになっていますね。
本当にそうなのかなーと、思っているので、メモ程度に感想を。

ダウンロード.jpg

結論から言うと、香川のパフォーマンスが低かった理由は、本人のコンディションやマインドにもありますが、一番の原因は本田のコンディションの悪さからくるキープ力の無さと高いポジショニングにあるのではないかと思います。
現日本代表のストロングポイントは香川、本田、長友のトライアングルによる左サイドの突破にありますが、この試合本田は1トップの大迫と並ぶぐらいの高い位置にいることが多く、香川との距離が遠くなり、香川得意の連携で崩すことができませんでした。

ダウンロード (1).jpg

また、コンディションの悪さからか、本田の強みであるキープ力も失っており、味方がボールを預けてもキープできずにボールロストし、味方が押し上げることができませんでした。
1点目の失点シーンも、守備力の低い香川の裏を突かれたという論評がほとんどですが、あのシーンも香川が中央の本田にパスを預けてリターンを貰おうと上がった後にボールを奪われたことで、香川のサイドを突かれたことが失点につながっています。

好調時の本田であれば、あそこでボールを失うことはなかったですし、カウンターを喰らうこともなかったはずです。
本田が普段より高い位置を取っていたのは、本人がコンディション不良により、自分のキープ力に自信がなかった裏返しなのではないかという気さえしています。

この日は、ディフェンスが慎重になりラインが下がっていたので、2トップっぽい二人だけが前から追っていっても、下がってきた相手のボランチがフリーになる為、ハメることは難しい状況でした。
本来ここで、ボランチの遠藤や長谷部が全体をコントロールして、どこでスイッチをかけるかコーチングするのべきですが、二人とも本調子ではなく、そこまで及ばなかったようです。

貴重な先制点を素晴らしい時間に奪った本田は流石ですが、彼主体の日本代表を作ってきただけに、彼のコンディション不良により日本代表が「日本らしさ」を発揮できなかったことは反省し、次に活かして貰いたい!
ギリシャ戦はガツンと勝利を!!
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。