So-net無料ブログ作成

将棋NHK杯 2013 準決勝 羽生善治 vs 郷田真隆 [徒然]

日曜日の将棋NHK杯、凄かったー!!

郷田棋王完全優勢の所から、羽生三冠が圧巻の逆転劇。

羽生三冠の震える手から放たれた8六銀。
脳みそを振り絞り、悶絶する苦悩の顔。
スライド1.JPG

将棋ファンになったのは最近ですが、新たな羽生伝説が誕生した瞬間を目撃しました。



解説は、『3月のライオン』の将棋監修もしている、先崎八段。

「ほおおおぉぉ銀からですかぁ………銀から……そう…で…す…はっぁなるほど!最後7二に桂が打てると言ってるんだ、や、これはす、凄いことが起きましたね。これは気がつかなかった。天才ですね、流石ぁ…。……いや、天才です。やぁ…羽生さんは……や昔から天才だとは知ってたんですけどねえ……や、なるほど…天才だ、の詰みですこれは」

感極まり、とはこのこと。


本当に素晴らしい将棋でした。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。