So-net無料ブログ作成
検索選択

本田圭佑選手の小学校卒業文集 [徒然]

本田選手は今回の移籍市場ではラツィオに移れませんでしたが、いずれセリエAに行くでしょう。

なぜなら、小学校卒業文集に書いているからです。


一見、理由になっていないように思えますが、本田選手は卒業文集に書いたことを実現していきつつあります。


228cd410173ba0e0535c-1024.png


この卒業文集で目を引くのは、一行目の断定形です。
なりたいではなく、なる」と自分で言い直して、言い切っています。
ここに夢を叶える為に必要な、アファメーションと覚悟が見えます。

そして、明確な目標と強烈な現状認識。
そこから逆算してブレイクダウンされる短期的な目標。


本田は以前、Number(2009 11月号)の取材で、こう語っています。
ワールドカップの優勝、絶対できる』と言い聞かせながら、目標をもう一度逆算していく。
そんなすごいシンプルな形で僕は戦ってきた。



先日の『情熱大陸』に出ていた、長友選手も同じようなことを言っていました。
ものすごく大きな目標を立てる。それに近づくために、逆算して小さな目標を立てていく。




しかし、それだけでは夢は叶いません。



ビッグな夢を叶えるには、

天からの才能。
犠牲をいとわない覚悟で、どんな時も鍛錬に打ち込む努力。
困難にめげず、時の運を味方につける精神力。
そして、今にも写真にできそうな明確な夢、というか目標。
目標実現を手助けして方向性を示してくれる、恩師や親の存在。


これら全てを兼ね備えた者だけが、ようやく手に入れる資格を持つものなんだと思います。



【関連記事】
イチローの小学校卒業文集と夢に対する覚悟
石川遼選手の小学校卒業文集
夢と目標
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。