So-net無料ブログ作成
検索選択

ネバダレポートと資産保全 [よのなか]

この世の中には、「ネバダレポート」というものが存在します。
IMF(国際通貨基金)が作成したと言われていますが、若手の官僚が作成したとも言われ、詳細は不明です。
この時点で眉唾ものですが、2002年2月14日の衆議院予算委員会でもその存在に触れられており、答弁の中ではアメリカのIMFに近い筋の専門家がまとめたものとされています。

その内容は、日本が財政破綻した際に、IMF(国際通貨基金)が日本の債権をどのように管理するのかをシミュレーションしたものです。
復興シナリオとして、以下のものがあげられています。

①公務員の総数、および給料の30%カット、ボーナスは全てカット
②公務員の退職金は100%全てカット
年金は一律30%カット
国債の利回りは5~10年停止
⑤消費税を15%引き上げて20%に
⑥課税最低限を年収100万円まで引き上げ
資産税を導入
⑧預金については、一律ペイオフを実施
 第2段階として、預金を30%~40%カットする

私個人としては、日本の財政状況について昔から関心があります。
(日本の借金は国内で95%ファイナンスされている為、当分問題無いという声もある一方で、もう既に破綻状態にあるという説もあり、いつか調べ上げたいとは思っています。)

トーゼン、借金だらけの状況を心配している訳ですが、膨大な増え続ける借金をどうにかする為には、超インフレや預金封鎖・新円切替などの荒治療を行う必要が来るんだろうなーと、漠然と考えています。
その時に備えて、資産を外国に移したり、日本円外貨や金などに替えておく必要があります。
その資産が、今は全然無いんですけどね…orz
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。